BLOG

2011.06.20

静岡新聞「音楽の現場」に”頂”が!?

“頂”と我らがボス小野晃義が静岡新聞の朝刊「音楽の現場」コーナーに特集されました!

その記事をブログで再現、写真を付け加えながら紹介しちゃいます♪

浜石まつりから頂、、、収支の話もチラっと,,,!? 読み応えアリ!

———————————————————————————————————-

 

しずおか 音楽の現場

静岡発のローカルフェス「頂2011」


(頂2011 GREEN STAGE, GOMA & JUNGLE RHYTHM SECTION)

性急なダンスビートにのせて、デジュリドゥ(オーストラリア先住民の管楽器)の低音が鳴り響く。2万平方メートルの芝生広場を埋めた5千人が会場を揺らす。4〜5日、県営吉田公園(吉田町)で行われた野外音楽フェスティバル「頂2011」。2日目、シークレットゲストのゴマ&ジャングル・リズム・セクションの演奏は、この日一番の盛り上がりを見せた。

舞台裏で見守っていた総合責任者の小野晃義さん(44)=ブン・ブン・バッシュ・グルーブ・ポーター代表=は、スタッフに向かって叫んだ。「これが頂なんだ」

今年で4回目。03、07年に旧由比町で開催した「浜石祭り」が前身だ。主宰の小野さんらは、さらにスケールの大きいイベントを開きたいと思い、富士山と清水港が一望出来る日本平ホテル野外庭園を第1回の開催候補地に定めた。目指すは「静岡の風土や文化を生かしたローカルフェス」だった。

だが、日本平ホテルは87年に数万人を集めたアルフィーのコンサート以降、本格的な音楽イベントに敷地を貸していなかった。「見ていて下さい。たばこ1本、芝生に残しませんから」。小野さんらは企画書を持って日参し、開催の了解を取り付けた。同ホテル販売課・長坂芳秀係長(07年当時)は「さまざまな懸念に、一つ一つ誠意を持って応えてくれた」と振り返る。


(頂2009 会場入り口から)

収支面では厳しさが続いた。第1回は元ちとせ、渋さ知らズオーケストラをメーンに据えたが1千万以上の赤字。曽我部恵一バンドらロック系にも目配りした第2回は収支ゼロだった。昨年、やっともうけが出た。


(頂2010 GREEN STAGE , nbsa+×÷頂SUPRE SESSION)

 

今年は日本平ホテルが立て替え工事中のため、吉田公園での開催となった。さまざまなジャンルの30組が出演し、1万100人が訪れた。来場者数は3年前の約5倍になり、親子連れの比率も高まった。駐車場には他県ナンバーも多く見られた。

町は新しい観光源として期待している。町長や町職員も会場を視察した。公園指定管理者であるNPO法人しずかちゃんの担当者は「公園や町の知名度が上がった。ありがたい」と話す。


(頂2011  最後方から キャンプサイト〜メインフィールド、ステージが並ぶ)

2日間限定、巨大な「店」

開催数日前。会場設営のため現地入りした小野さんは約400人のスタッフを統括し、ほぼ不眠不休で働いていた。体重は10日間で約11㌔落ちた。動きながら考え、フェスをつくる。梅雨空に晴れ間が見えた日は、スタッフ14人とスポンジを持ち、広大な芝生から水を吸い上げた。「頂は2日間限定の巨大な”店”。自分はDJ兼店長のようなものです。居心地の良さを保証する責任がある」


(頂2011  写真中央 スタッフに囲まれる小野さん)

 

特色は認知されつつある。来場者に良さを聞くと「ゆるさ」「気軽さ」「開放感」という声が多い。出演者からも「また出たい」という申し出が相次ぐ。「浜石まつり」からの常連で、レゲェミュージシャンのPJは「隅々まで気遣いが感じられる、人とのつながりを実感できるフェスだから」と説明する。


(頂2011  レゲェミュージシャンPJと肩を並べ、笑顔の小野さん)

 

大幅な開場遅れ、強風によるテント崩壊など、反省点は山積みだ。小野さんは「いまだ完成度は60%」と採点し、来年の構成を練っている。県内アマチュア演奏家を選抜し、出演させるプランもある。「敷居は低く、クオリティーは高く」。静岡オリジナルのフェスを根付かせる試みは続く。 (文・橋爪 充  / 静岡新聞朝刊 平成23年6月20日)

———————————————————————————————————-

『私のこの1枚』

小野晃義さん

「ライヴ・フォーエバー〜ピッツバーグの奇跡」
ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ

10代のころは1970年代のロックが好きでした。ある時期からそれらとは異質なボブの音楽と歌詞に魅力を感じるようになりました。

レゲェについて教えてくれた、仲の良い音楽家は「このリズムは心臓の鼓動と同じ」と言います。だから勝手に体が動くし、心が落ち着くんだと思います。

死後30年たった今、彼のメッセージはより一層現実感を増しています。「自分で考えて自分で動いていくしかないんだ」。10代で耳にした言葉が、40代の自分の指針になっています。

———————————————————————————————————-

 

ふぃ〜〜!!

テレビや新聞み取り上げられるようになって、いろんな意味で責任感も増して来たぜ!

まだまだこれから、100%目指して日々精進♪

皆様、今後とも”頂”をよろしくね☆

 

近々、フォトギャラリーアップします!かなりの大作!

お楽しみに♫

 

 

敬一

2017
3
March
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Recent enter

2016.12.20

PHOTO GALLERY -2016.12.11 (sun)- 

All Photo By...Shoji DJ Mamaza (HOLE AND HOLLAND) never ...

2016.03.01

頂 -ITADAKI- 2016 第二弾出演アーティスト発表です! 

第二弾出演アーティスト発表は、 頂 -ITADAKI-メインイベント『CANDLE TIME』 キャンパーだけの...

2016.02.22

頂 -ITADAKI- 2016 第一弾出演アーティスト発表です! 

頂 -ITADAKI- 2016 第一弾出演アーティストの発表です! 今回発表するアーティストは、全て「頂 -...

2016.02.20

頂 -ITADAKI- 2016 メインビジュアル公開です♪ 

お待たせ致しました!! 今年のオフィシャルアートビジュアルとウェブサイトも公開しました。 アートワークは...

2016.01.12

頂 -ITADAKI- 2016 開催決定! 

お待たせ致しました! 「頂 -ITADAKI- 2016」開催決定! 最高の音楽と最高のシチュエーション...

2015.02.20

頂 ITADAKI 2015、開催決定!! 

みなさん! お待たせしました! 頂 -ITADAKI- 2015、 6月6日-7日、今年も吉田公園で!...

2014.08.27

廃油回収/LOVE FOR THE FUTUER 報告 

【100%BIO-DIESELプロジェクト】 頂、今年の廃油回収は 事前回収:1020ℓ 当日回収:167...

2014.06.27

頂 2014 後書き2 

  頂2014、皆さん楽しんで頂けたでしょうか? まだまだ未熟な我々ですが、 スタッフ、仲間...

2014.06.20

頂2014 後書き 

寝る前、フラッシュバックする昨日まで、 雨も上がった、あとはやるだけ、 そうやって眠って目覚めた朝、 ...

2014.06.06

頂2014 Are you ready ! ? 

    今年もイイ感じで、スイッチが入ってきました! で、やっぱり余裕は一切なし。...

Archives

RSS2.0