EVENT REPORT

2011.10.24

Re:10.10 LOVE FOR THE FUTURE

入り口にはgravity freeが描いたヒマワリ畑でギターを弾く女と子供の絵が飾られた。

東北復興支援のチャリティーステッカーの原画。

そのコンセプトにもなった「LOVE FOR THE FUTURE」を冠に、今回のパーティーは開かれた。

“頂”2011に同タイトルを掲げスペシャルなセッションステージを引率したTHEATRE BROOKの佐藤タイジを筆頭に、Saigenji、GOMA&JUNGLE RHYTHM SECTIONから辻コースケ、類いまれなソロパフォー達が顔を揃えた。

 

オープンからゆっくりとお客さんが入り始め、最初のライブが始まる前には一種の緊張感がフロアに混じっていた。

トップバッターは辻コースケ。

彼の事を知らない人も多くいただろうし、知っていてもソロのライブを見た事が無い人がほとんどだったのではないだろうか。

「パーカッションのソロライブ?一体どんなショウを見せてくれるのか?」

 

ステージにセットされた数台のジャンベとコンガ、辻コースケが腕を振り、響き渡るインパクト。

疑念の壁にヒビが入る。

一定のリズムと言うよりはポリリズム的に打ち鳴らされる太鼓の連打。

DNAに刻まれた原始の記憶を呼び覚ますかのように、何が何だか血が騒ぐ!

一曲終わった時には疑念は跡形もなく、誰もが思わず声を上げ拍手喝采となった。

二曲目も、三曲目も、演奏が終われば歓声が沸き、その繰り返し、大盛況のファーストアクトとなった。

きっと誰も頭では考えはせず、肌で彼の凄さを感じた事だろう。

 

BGMがやけにラテンちっくになって来たと思ったら、

Saigenjiの登場だ。

時間帯的にも人が増え、フロアも熱気を帯びて来た。

軽快に鳴り出したブラジリアンカットのギター、洒落たメロディーラインを行く爽やかな歌声、

ああ、清々しい。なんて良い気分だろう。

旅に出たくなる音楽だ。

行く宛も無く、何となく、気軽に陽気に、そんな旅に。

途中、辻コースケも加わり、セッションが始まった。

ますます楽しげに、大人の社交場を盛り上げるサンバ。

 

出来る事ならこのまま踊っていたい。

許されるのならあそこのカワイコちゃんと恋の駆け引きでもしながら、、、

そんな気分にさせてくれるエキゾなムードを漂わせて、

しかし、限りあるものの常、終わりはやって来る。

「マイルスデイビス、ハービーハンコック、ジョンコルトレーン、スティービーワンダー、ミルトンナシメント、ジョアンボスコ、、、」

歴史に名を刻む数々の巨匠達の名を告げ、音楽への愛を歌った「MUSIC JUNKIE」が演奏される。

ブルーノートに集まる人々を代表するかのような歌、そうだ、WE ARE MUSIC JUNKIES!!

 

BGMは佐藤タイジのライブに向けテンションを更に高めていく。

ステージ上は早々に機材転換が進み、セッティングが整った。

流石、ロックスター!ココ一の期待感を煽り、ステージに意識が集中する。

荒野を吹き抜ける風の様なSEが流れ始める。

まるで映画のオープニングシーン、

砂埃を巻き上げて、ザラついたギターが鳴き出す。

佐藤タイジのショウケースが幕を開けた。

シブい!!

 

バスドラムを踏みならし、ギターリフをループさせ、見事に音のレイヤーを重ねてグルーヴを生み出していく。

あまりにも自然に、いとも簡単そうに、惜しみなく情熱的に、それを一人でやってのける様は妖艶さすら感じさせる。

シアター時代の名曲、「ドレッドライダー」、「ありったけの愛」、そしてソロの「ソノラ砂漠のドレッドライダー」、新曲「ロックスターウォーズ」、、、

途中、シアターブルックの元ドラマー、ラッコさんと辻コースケくんもパーカッションでセッション、大いに盛り上がり、フロアの熱気はもやは沸点を超えていた。

 

アンコールは「朝を迎えて」。

全てを優しく包み込む朝日のように、しっとりとクールなランディングでシメてくれた。

期待を遥かに上回る、完全燃焼の見事なショウケースを見せてくれたロックスター、佐藤タイジ。

 

 

その昔、ロックは全てを変えるチカラを持っていた。

今ではすっかり忘れてしまっているそんな音楽の伝説を思い出させてくれるライブだった。

 

東北チャリティーの一環として開催された今回のパーティー。

一時期はまるで一種の流行のように沸いた復興/チャリティー/義援募金/etc…だが、最近はその熱もすっかり冷めてしまったように見える。

確かに、毎日募金を欠かさずに続けるのは難しいし、もちろん自分達の仕事もある中、他人の事ばかり気にしていられないという現状もある。

しかし、被災地は未だ助けが必要な状況だ。

支援は長期に渡り続けていかなければならない。

それそれが出来る方法で。

 

そこでBOOMBOOMBASH、”頂”が選んだ方法は、やはり音楽やアートを通じて活動を続けていく事だった。”楽しさ”を忘れずに。

音楽をきっかけにパーティーを開き、アートと遊び心に満ちた物を作り売る。

そのお金を支援金に。

集まったお金は被災地の子供達を受け入れケアしている河口湖自然楽校へ。

「LOVE FOR THE FUTURE」

子供達の未来に、みんなの未来に、愛あるアクションをしていこう。

今回のステッカー販売枚数、31枚。

 

ONEは11月も続きますが、LOVE FOR THE FUTUREタイトルは12月11日にまたやって来ます。

次回は被災地岩手出身のコーダイ、仙台在住のKGM、二人と親交も深い千尋&Shun-Shunがゲストです。

 

続けていく事。音楽のチカラを信じて。

 

2013.11.01 UP

Re: 10.30 Space Baa

宇宙の果ての衝撃体験!? The Space Baa、ライブレポート!!

2013.10.16 UP

Re:10.14Nabowa ONE-MAN LIVE

満員御礼となったNabowaのワンマンライブ、イベントレポート!

2013.10.01 UP

Re: Ovall / MOVITS! 9.29

9.29、Ovall、MOVITS!のライブパーティーレポート!

2012.10.23 UP

Re: 10.22 MMK,LUVRAW&BTB,BEATPIA CREW

冷静と情熱の間。 理性と本能の間。 恥じらいと快感の間。 10月のONEレポート!!!

2012.09.06 UP

Re:9.2 Donavon Frankenreiter,Carter Rollins

下半期一発目のONE! Donavon Frankenreiter&Carter Rollinsまったりサーフナイト!

2012.03.24 UP

Re:3.18 Hayley Sales , NAOITO

昨年の3月、震災の影響であえなくキャンセルとなってしまったヘイリー・セールズの来日ツアー。あれから一

2012.02.24 UP

Re:2/18 Tri-Artist Session / Wonderful Melodies

東田トモヒロ、Leyona、沼澤尚、3人のアーティストによるTri-Artist Session!!見所満載のスペシャルなライブセットをレポート!

2012.01.25 UP

Re:1.22 渋さ知らズとSoulcrap

ONE初登場のSoulcrapに4人の渋さ知らズ!熱狂のパーティーレポート!

2012.01.18 UP

Re:1.15 キセルと一二三の音世界

ほんわかした空気の中に若干の緊張感、 初めましての静岡に一二三が歌い出す。 ボー

2011.12.26 UP

Re:12.25 SOUL, BLUES, DOPENESS!!!

鎮座DOPENESS&DOPING BAND、ズクナシ、ヒップでホップ!ドープでソウルフルなクリスマスパーティー♪ライブレポート!

2011.12.14 UP

Re:12.11 LOVE FOR THE FUTURE

Live:KOHDAI , 千尋 , KGM DJ:HOMERUNSOUND MAR

2011.11.25 UP

Re:11.23 Happy Wednesday!!!

モカキリ、ナボワ、ダブルヘッダーの熱い祝日スペシャルライブレポート!

2011.11.04 UP

Re:11.3 「逆襲のテーマ」が鳴り響いた夜

The Tchiky's、そしてREBEL7 with T、待望のリターンズが魅せた逆襲のライブ、パーティーレポート!

2011.10.24 UP

Re:10.10 LOVE FOR THE FUTURE

佐藤タイジ、Saigenji、辻コースケ、LOVE FOR THE FUTURE×ONEレポート!

2011.09.21 UP

Re:9.18 grooveに酔いしれて

「もうネタ切れ〜!」 と、汗したたる笑顔のOvallベース・シンゴくんのMCの後、やまないアン