EVENT REPORT

2011.01.25

Re:1/23 流れのままに…

外は冷え込みが今冬のピークへ向けて深まっている。
中ではNO MADE CrewのDJがdeepなハウスでじっくりと、フロアの底から場の空気を暖めていく。
VJはRyota、ステージとDJブースのバックに奥行きを見せる映像マジック。
ミラーボールが光の粒で全体をかき混ぜていく。

1月23日、毎度日曜の夜、2011年一発目のBLUE NOTE ONEはゆっくり、冷え固まった体をほぐして行くように始まった。

NOMADEからゲストDJのCalmへ。
フロアも人で埋まり始めて、ようやく体も暖まって、パーティー感が腰のあたりまで上がってくると、CalmのDJはそれを引き上げるようにダンスグルーヴをメイクしていく。
良い波が次々と押し寄せるようにやって来る。
しかも形も綺麗なロングライドの気持ち好い波、乗るタイミングはもうオーディエンスに委ねられたと思った矢先、みんな次々にテイクオフ、気持ち良く揺れながらステップはNabowaのライブへマニューバを導いていく。

グルーヴは流れるように。
ステージでNabowaメンバーがセッティングに入り出した頃、期待を刻む様なファンキーなベースとシンセに乗せてあの歌が!
サイケデリックロックのスターバンドStive Miller Bandの名曲「Fly Like a Eagle」!!のリミックス!!
この曲、三宅洋平くんもよくライブで歌ってるね。
セカンドサマーオブラブを思わせる様な展開でフロアを煽る!
これがNabowaへのラストパスとなり、DJからライブへ。
見事なトラップでグルーブを受け取ったNabowaは引き続きファンキーなオープニングジャムで流れを繋ぐと、そのままツインギターでアルバム「Nabowa」の一曲目を披露。
流れを崩さないまま自分達のショウケースのスタートを標す。
ヒラクがギターからバイオリンに持ち替えて弓を引き出すと、Nabowaの色が鮮明に浮かび上がり、オーディエンスの反応も色を変えて行く。
気持ちの良いメロディーをリードするバイオリンとそれを反射する水面のようなギターリフ、それにフレキシブルなドラム&ベースがNabowa色の時間を機織りのように編み上げて行く。

まるでそよ風のように、言い方を変えると、なにげなく聴き流す事の出来る音楽だが、
それはそよ風のように、よく聴いてみると独特の動きや流れ(展開構成)をしている事に気づく。

それがバイオリンという一つの特徴以上にNabowa節というのを醸し出しているのだと気づく。

ふと、そんな事を考えている間にスペシャルゲスト元晴がステージに呼び込まれ、一回目のゲストセッションが始まった。

やっぱりこの人、凄い!!

吹き鳴らされるサックスの音とその姿、存在そのモノが会場の空気を一新させる。

カオスティックなジャムから始まりサイケデリック感を増したNabowaのバックサウンドの上をフリージャズ的な元晴のサックスが暴れる。
その音自体がオーディエンスの熱気を煽り、つられて歓声が上がる!

盛り上がりは最初のピークをマークした。

元晴が一旦ステージを降りて、Nabowaのライブも後半へ。
時にトミーゲレロやマニーマークのような西海岸の横乗り系の音を出したり、カリビアンのトロピカルな音を出したり、本当に色彩豊かな演奏で楽しませてくれる。

ラストにもう一度元晴をステージに招き、アルバムにも収録された共演曲「Aureila」を披露。
次々に変化してくリズムパターンに乗せてギター、バイオリン、サックスがスリリングなサウンドチェイスを展開していく。
時にギターが、時にバイオリンが、時にサックスが、抜きつ抜かれつのデッドヒートを繰り広げ、そして最終コーナーを曲がった後は一線に並び一気にゴールへ向けて駆け抜けて行く。
チェッカーフラッグが大きく振られて歓声と拍手が演奏の残響を飲み込んむように沸き上がる。

拍手はそのままアンコールクラップになって「もっと、もっと!」の声をかき分けながらバンドはステージに引き戻された。
「それでは感謝の気持ちを込めて『Thank you』という曲を」とMC。
なごり惜しみながらも、みんな笑顔で最後を迎える。
ピースな空気で満たされたフロア。
このまま温泉にでもつかりたくなるような。

ライブ後もCalmのDJは気持ち良さを引き延ばして、夢は覚めないまま日付変更線を越えて行った。。。

流れは流れるままに、最後はキレイな弧を描き円となり、、、そんなまろやかなパーティーとなりました♪

VJ RYOTA、DJ NOMADE Crew、Calm、ライブNabowaそして元晴さん、素晴らしい時間と空間をありがとう!
遊びに来てくれたお客さん、また遊びましょう!!

———————————————————————————————
Links
Calm
Nabowa
元晴(SOIL&”PIMP”SESSIONS)

2013.11.01 UP

Re: 10.30 Space Baa

宇宙の果ての衝撃体験!? The Space Baa、ライブレポート!!

2013.10.16 UP

Re:10.14Nabowa ONE-MAN LIVE

満員御礼となったNabowaのワンマンライブ、イベントレポート!

2013.10.01 UP

Re: Ovall / MOVITS! 9.29

9.29、Ovall、MOVITS!のライブパーティーレポート!

2012.10.23 UP

Re: 10.22 MMK,LUVRAW&BTB,BEATPIA CREW

冷静と情熱の間。 理性と本能の間。 恥じらいと快感の間。 10月のONEレポート!!!

2012.09.06 UP

Re:9.2 Donavon Frankenreiter,Carter Rollins

下半期一発目のONE! Donavon Frankenreiter&Carter Rollinsまったりサーフナイト!

2012.03.24 UP

Re:3.18 Hayley Sales , NAOITO

昨年の3月、震災の影響であえなくキャンセルとなってしまったヘイリー・セールズの来日ツアー。あれから一

2012.02.24 UP

Re:2/18 Tri-Artist Session / Wonderful Melodies

東田トモヒロ、Leyona、沼澤尚、3人のアーティストによるTri-Artist Session!!見所満載のスペシャルなライブセットをレポート!

2012.01.25 UP

Re:1.22 渋さ知らズとSoulcrap

ONE初登場のSoulcrapに4人の渋さ知らズ!熱狂のパーティーレポート!

2012.01.18 UP

Re:1.15 キセルと一二三の音世界

ほんわかした空気の中に若干の緊張感、 初めましての静岡に一二三が歌い出す。 ボー

2011.12.26 UP

Re:12.25 SOUL, BLUES, DOPENESS!!!

鎮座DOPENESS&DOPING BAND、ズクナシ、ヒップでホップ!ドープでソウルフルなクリスマスパーティー♪ライブレポート!

2011.12.14 UP

Re:12.11 LOVE FOR THE FUTURE

Live:KOHDAI , 千尋 , KGM DJ:HOMERUNSOUND MAR

2011.11.25 UP

Re:11.23 Happy Wednesday!!!

モカキリ、ナボワ、ダブルヘッダーの熱い祝日スペシャルライブレポート!

2011.11.04 UP

Re:11.3 「逆襲のテーマ」が鳴り響いた夜

The Tchiky's、そしてREBEL7 with T、待望のリターンズが魅せた逆襲のライブ、パーティーレポート!

2011.10.24 UP

Re:10.10 LOVE FOR THE FUTURE

佐藤タイジ、Saigenji、辻コースケ、LOVE FOR THE FUTURE×ONEレポート!

2011.09.21 UP

Re:9.18 grooveに酔いしれて

「もうネタ切れ〜!」 と、汗したたる笑顔のOvallベース・シンゴくんのMCの後、やまないアン