EVENT

2012.08.06

TOMMY GUERRERO / MISHKA – Live@SOUND SHOWER ark

西海岸ストリートカルチャーのカリスマTommy Guerreroと、サーフロックシーンのカリスマMishkaのダブルヘッダー•ライブ•パーティーが静岡(SOUND SHOWER ark)で実現!!

『TOMMY GUERRERO JAPAN TOUR 2012』と題し、7th Album『No Mans Land』を引っさげてのリリースツアーを行うトミー・ゲレロ、そして頂2012に続きアコースティックツアーを行うミシカ、導かれるように重なった10 月7日というタイミング、「頂」プレゼンツによる静岡ならでは(静岡だけ!!)の最高のライブパーティー をお届けしよう!!

ゲストDJには、Gabby & Lopezとして今春に『Twilight for 9th street』をリリース、そしてNatural Calamity として待望の新作を製作中の森俊二をスペシャルコーリング!!

さらには、アートスペースを展開するconnect kyozon gallery、ミシカのステージデコレーションには頂でもお馴染みのちろりろうそく、そして会場内には常設ドリンクカウンターに加え、この日だけのオリジナルカウンターも設置予定!

音楽、アート、お酒、、、ストリート、サーフ、オルタナティブカルチャーのスペシャルミックスを存分に楽しんでくれ!!

2012.10/7SUNOPEN 18:00PM / START 19:30PM

at SOUND SHOWER ark

LIVE ・TOMMY GUERRERO
・MISHKA
DJ ・森俊二(Natural Calamity, Gabby & Lopez)
Gallery ・CONNECT KYOUZON GALLERY
Candle ・ちろりろうそく
ADV. 4,500yen
DOOR. 5,000yen
TICKETS 前売りチケット絶賛販売中! 

 

チケットぴあ

Pコード「178-185」

NEIRO&FUNTIMES 【054-253-7801】
WIGWAM..【054-250-2221】
BLUENOTE1988【054-253-6555】
SOUND SHOWER ark【054-354-3577】
Kodona 【054-221-0008】
hug coffee【054-260-7578 】
ゆるり【053-456-1580】
JACK 静波 【0548-22-1563】
CONNECT. 【054-646-2827】
WOOKIES【090-6465-4200】
ETERNAL【054-252-2500】
SALVADORL【054-251-2881】

TOMMY GUERRERO

ウェストコーストから世界のストリート、カルチャー、アートに影響を与える真のカリスマ・アーティスト。‘80年代に伝説のスケートボード・チーム Bones Brigade最年少メンバーとして彗星の如くストリート・シーンに登場。盟友Thomas Campbellが運営するレーベルgalaxiaから『Loose Grooves & Bastard Blues』を’98年に発表、独自のネットワーク/口コミで爆発的なセールスを記録した。‘00年にはUKの名門MO’WAXからMargaret Kilgallenのイラストが印象的な2nd Album『A Little Bit Of Somethin’』を発表、クラブ・ミュージックのリスナーからも支持され、一躍“現代のウェストコースト・ミュージックのスター”へと躍進する。 ’03年には3rd Album『Soul Food Taqueria』をリリース。アートワークは、Stephen Powersが手掛けた。‘05年に発表したE.P.『Year Of The Monkey』でアップテンポな新機軸を打ち出し、同’05年には第一回THE GREENROOM FESTIVALのヘッドライナーを務め3,000人を超える観客を魅了、更にSUMMER SONIC 05へも出演、ビーチステージのヘッドライナーを務め新たなファン層を開拓した。そして、同じくBones Brigade出身のスケーターRay Barbeeらとバンド“Blktop Project (ブラックトップ・プロジェクト)”を結成、‘05年にミニ・アルバムをリリースする。’06年にはよりロック色の強いバンド・サウンドを 打ち出した4th Album『From The Soil To The Soul』を発表、アートワークはBarry McGee。FUJI ROCK FESTIAL ‘06へ出演。ホワイト・ステージでは1万人を超える観客を熱狂させた。’07年、1stアルバムの空気感を‘07年版に再現した5th Album『Return Of The Bastard』を発表。リリースにあわせたジャパン・ツアーを東京、大阪、金沢、横浜で行い全会場でソールド・アウトさせた。’09年には6th Albumとなるストイックな空気感が漂うTG風スピリチャルジャズ・アルバム『Lifeboats And Follies』』を発表(アートワークはEvan Hecox)、リリース後、過去最長となる全9箇所にも及んだジャパン・ツアーを行い全国のファン達を熱狂させた。’10年には瞬間のひらめきと共に一人スタジオで演奏を繰り返したTG流コンセプト・アルバム『Living Dirt』を発表。メタモルフォーゼ、東京、名古屋でツアーを行う。’11年には日本を勇気づけるためにBlktop Project (Tommy Guerrero,Ray Barbee, Matt Rodriguez, Chuck Treece)として、東京、静岡、京都、金沢、名古屋でツアーを行う。’12年には音楽の力で第二の故郷”日本”にお返したい強い気持ちに駆られ仲間のミュージシャンに次々と声をかけたチャリティ・コンピレーション・アルバム『You Are We Are Us』を発表。 本心地よいギターのアンサンブルとグルーヴ感溢れるリズムが重なりあい、一聴穏やかな中にエッジーな研ぎ澄まされた感覚を刻み込むTGの音楽は、自身の充実した歴史にも裏打ちされた、誰にも真似 ることのできない唯一無二の音楽である。

Tommy Guerrero

7th New Album “No Mans Land”
DDCN-6001 2.520 Yen (Tax in)
2012.09.26 In Stores
Liner Note:Hashim Bharoocha
Artwork:Dave kinsey
Released by Too Good×RUSH! PRODUCTION

MISHKA

まるで映画のような人生を歩んできたミシカ。
彼は若い頃の殆どをカリブ海のボートの上、島から島へと航海する両親と姉達と過ごす。そんな「島の子」ミシカにとってレゲエ、ラスタファリなどに惹きつけられるのは自然であり、ミシカの音楽にどこか自然で神秘的な要素が感じられるのはそのせいである。
「子供の頃に両親や姉達から聞かせてもらった音楽や訪れた場所の数々から、僕は音楽的にも文化的にも柔軟性を身につけることが出来たんだ。僕が今までに聴 いてきたもの全てが僕の音楽に繋がっているんだ。僕は大のレゲエ・ファンだけど、それだけじゃない。フォークやソウルやロックなどの要素も僕の音楽にはあ るんだ。」

そして彼はいつもその生い立ちも国際的にも注目される。
「僕の両親はバミューダで出会ったんだ。二人は海で生活する夢を持っていて、父が家族で住むためにボートを建てたんだ。僕は 3 歳の頃にはボートに引っ越していたよ。そして家族でカリブ海や大西洋中を航海したよ。ブラジルにも行ったし、カリブの島は全て行ったよ。大西洋を渡ってポ ルトガルとイングランド にも行ったね。」
もちろんミシカと姉達 ( 姉の一人はヘザー・ノヴァ、ヨーロッパで活躍するアーティスト)は小学生の頃などは学校にも行かず、 ボートで教育を受ける。
「地図やチャートの見方を学ぶのが僕にとっての数学と地理の授業で、いろんな国に行って人々とその国の文化について話すのが歴史の授業で、航海中に本を読むのが国語の授業で、港でフランス人やポルトガル人と話すのが外国の授業ってところだったね。」

航海中のボートにはカセットプレイヤーがあったのでミシカは両親が愛する音楽を聴く事が出来た。
ビートルズ、ジミー・クリフ、ディラン、 ジミー・バフェットなどを聴いていたが、
「しばらく経つと僕の姉がポリスやカーズやロキシー・ミュージックなどを僕に聴かせはじめたんだ。 でもバーニング・スピア、カルチャー、そしてボブ・マーリーを聴いたとき、僕はもう完全にレゲエにはまってしまったんだよ」

そうして音楽的素養を身につけ育ったミシカは友達のために曲を作ったり歌ったりするようになる。
そして当時 UK においてプライマル・スクリーム、オアシスを輩出するなどインディーズ音楽産業の中心にいたクリエイション・レコードのアラン・マッギーが「本当はレコー ドなんか作りたくなかった。」と言っていたミシカとバミューダ島で出会い、彼を陸にあげることになる。
当時アランはミシカとの出会いを「マンチェスターで 現代のジョン・レノンに会い、バミューダで現代のボブ・マーリーに出会った。」と表現した。もちろん「マ ンチェスターのジョン・レノン」とはオアシスのリアム・ギャラガーの事で、「現代のボブ・マーリー」とはミシカの事である。

そして UK へ引越して 1999 年にクリエイションからリリース(日本は Sony/Epic レーベルからリリース) されたデビューアルバム「MISHIKA」は UK で Top40 ヒットを記録。
当時「サーフ・ミュージック」という言葉もなかった日本でもリードシングル「ギブ・ユー・オール・ザ・ラブ」のラジオヒットによりオリコン洋楽チャート トップ 10 を記録。輸入盤併せて 5 万枚以上のセールスを記録する。日本にも 1999 年のフジロックフェスティバルで来日。その直後に東京、大阪での単独来日公演も果たす(ちなみにこの東京公演ではリトル・テンポをオープニングアクトに迎 えている)

さてその後ミシカはまた海に戻る(ちなみに彼のサーフィンはセミプロ級)。
UK クリエイション・レコードの経営破たんも相まって「もう新作は聴けないのでは」というファンの声をよそに 2005 年、6 年ぶりの新作「ワン・ツリー」を、デビューアルバム制作中に隣のスタジオにいた Martin Terefe(KT タンストール , ジェームス・モリソンなど ) と制作。
ルーツ・レゲエを基調としながらもブルース、ロック、フォークなど様々な要素を持った新作はインディーズからのリリースにも関わらず輸入盤と併せて 2 万枚以上のセールスを記録。2006 年にはグリーンルーム フェスティバルで再来日も果たす。

そして新作のツアー中に、長きに渡ってスライ&ロビーのギタリストとして活躍していたダリル・トンプソンと出会う。二人は今作の制作を開始。
そんな中ハリウッドスターのマシュー・マコノヒー(「評決のとき」「コンタクト」など)が現れ、彼の新レーベル「j.k.livin」からのUS リリースが決定したのである。

森 俊二(Natural Calamity, Gabby & Lopez)

1991年、中西俊夫プロデュースによるナチュラル・カラミティとしての1stアルバム『Dawn In The Valley』でデビュー。以降6枚のアルバム、1枚のリミックスアルバムをリリース。UA、かせきさいだぁ等のプロデュースやNIGO、SUKIA、 SILENT POETS等のREMIXも手掛ける。ギタリストとしてもゲストミュージシャンとして多方面で活躍。1998年にはビースティーボーイズ、ベック、ローリ ングストーンズのプロデュースで知られるダストブラザースのIDEAL RECORDSより全米デビュー、ダストブラザース主催のイベントにも出演。静かでメランコリックな彼の音楽性はアメリカのメディアでは“ドリーミー・サ ウンド”と称され、ジャック ジョンソンが自身のムービーのサウンド・トラックに使用するなど世界各地でその評価は非常に高い。2001年には「UMA UMA」名義でのギターインストアルバム『UMA UMA』をP-VINEよりリリース。2003年9月には瑞々しい4年ぶりのナチュラル・カラミティ7thアルバム『Night Is Indigo』をエイプサウンズよりリリース。2003年には森俊二と石井マサユキ–TICA–によるギター・インスト・ユニット 「Gabby&Lopez」を結成。2004年9月、待望の1stアルバム『STRAW HAT, 30 SEEDS』を発表、数々のライヴ・イベントに出演する。2006年11月には2ndアルバム『Nicky’s Dream』をリリース。現在はふたたびナチュラル・カラミティの新作、新プロジェクトを進行中 。

EVENT

NEW

GOMA EXHIBITION “IN THE LIGHT”

頂 -ITADAKI- 2015でもGOMA & The Jungle Rhythm Sectionとし

NEW

ペトロールズ10周年記念ツアー開催決定!!

 日本全国の皆様長らくお待たせ致しました。我々はやっと、ついに、ようやく、ありきたりなスタイルの

NEW

RHYMESTER “KING OF STAGE VOL 12” 静岡公演開催決定!!

美しく生きること、それが唯一のプロテスト 正しさを見つけることすら困難な時代を駆け抜ける、 さながら壮大

NEW

-ONE- 11/3 七尾旅人 × GOMA meets AFRA

2015.11.03 tue 【祝】@ BLUE NOTE 1988 open 19:30 / start 2

NEW

「GETBACK VOL.1」開催決定!!

  2016.3.13 (Sun) @静岡BLUE NOTE 1988 open / star

Back number

  • Wild Marmalade Japan Tour 2015 -FLUX-

    Wild Marmaladeがニューアルバム『FLUX』を引っさげ来日! ジャパンツア

  • ONE 3/29 Keyco×Mountain Mocha Kilimanjaro

    お待たせしました! 2015年、ONE開幕! 3月29日(日)、 昨年ニュ

  • SFC×ONE Tommy Guerrero “Perpetuum”Japan Tour 2014

    Tommy Guerrero / Tony Guerrero & EL DIABLITOS

  • ONE 2014.10/19 at BLUE NOTE 1988

    Nabowa / Manbow / ONDK / Gina / Taiheychang

  • ONE 2014.9/23 at BLUE NOTE 1988

    cro-magnon / DJ DYE (THA BLUE HERB) / Nobe & SONsen (Bonita)

  • ONE 2014.4/6 at BLUE NOTE 1988

    Mountain Mocha Kilimanjaro / 韻シスト / Yata / Noda / Nobe

  • ONE 2014.3/9 at BLUE NOTE 1988

    GAGLE / 田我流 / OTK & DIGROUND (BEATPIA) / IKKI

  • The Space Baa 10/30 at BLUE NOTE 1988

    The Space Baa (ba/不破大輔 tp/辰巳光英 ds/Jimanica)

  • Nabowa 10/14 at BLUE NOTE 1988

    Nabowa / DJ YATA

  • Ovall / MOVITS! 9/29 at BLUE NOTE 1988

    Ovall / MOVITS! / DJ Carney / DJ IKKI

  • 奇妙礼太郎 4/17 at BLUE NOTE 1988

    弾き語りソロツアー2013 at BLUE NOTE 1988

  • GOMA solo LIVE&TALK session 2013.3/24

    2013.3/24SUNOPEN 19:00 / START 19:30 120名様限定! a

  • ONE 2013.2/3

    渋さ知らズ

  • Fried Pride LIVE 〜リーダー横田明紀男・完全復活新春ライブ〜

    Fried Pride

  • ONE 2012.12/9

    Nabowa/jizue/DJ Yata&Tanjo

  • ONE 2012.11/11 Kodona×BOOM BOOM-BASH GROOVE PORTER

    quasimode/JABBERLOOP/DJ L'amant

  • ONE 2012.10/21

    MOUNTAIN MOCHA KILIMANJARO/LUVRAW&BTB/DJ Beatpia Crew

  • TOMMY GUERRERO / MISHKA – Live@SOUND SHOWER ark

    西海岸ストリートカルチャーのカリスマTommy Guerreroと、サーフロックシーンのカリスマMishkaのダブルヘッダー•ライブ•パーティーが静岡(SOUND SHOWER ark)で実現!!

  • ONE 2012.9/2

    Donavon Frankenreiter /Carter Rollins

  • ONE 2012.3/18

    Heyley Sales/ NAOITO duo w/KIDS (b.sax)

  • ONE 2012.2/19

    東田トモヒロ/Leyona/沼澤 尚 ~TRI ARTIST SESSION~

  • ONE 2012.1/22

    渋さ知らズ/Soulcrap

  • ONE 2012.1/15

    キセル/一二三/DJ:SigeruSound

  • ONE 2011.12/25

    鎮座DOPENESS & DOPING BAND/ズクナシ/NORIOTO

  • ONE 2011.12/11 LOVE FOR THE FUTURE

    KOHDAI/千尋/KGM

  • ONE 2011.11/23

    Nabowa/MOUNTAIN MOCHA KILIMANJARO/Yata&Tanjo

  • ONE 2011.11/3

    REBEL7/The Tchiky’s/Tsuyoshi Kosuga/コヤナギ"CARNEY"タツヤ

  • ONE 2011.10/10 LOVE FOR THE FUTURE

    佐藤タイジ/Saigenji/辻コースケ

  • ONE 2011.9/18

    Oval/moLo/the Flow Tide/NORIOTO

  • ITADAKI Pre PARTY 2011

    Keyco/PJ/MOUNTAIN MOCHA KILIMANJARO/gravity free/Koroku Kamitani/NORIOTO

  • 菅原光博 -JAZZ MAN 写真展-

    第一弾ボブマーレー・レゲェ写真展に続き、第2弾JAZZ MAN写真展、開催!

  • ONE 2011.4/10

    J.A.M (pianotrio from SOIL&"PIMP"SESSIONS)/Yata&Tanjo/SHIGERUSOUND

  • Hayley Sales 2011.3/26

    Hayley Sales JAPAN TOUR 2011 in SHIZUOKA

  • ONE 2011.3/21

    JOJO MAYER NERVE/Shiori/コヤナギ"CARNEY"タツヤ/RYOTA/Taiheychang

  • ONE 2011.3/6

    OKI DUB AINU BAND/光風&Green Massive/PAPA U-Gee/CITY BOY

  • ONE 2011.2/6

    渋さ知らズ/Leyona (acoustic)

  • ONE 2011.1/23

    Nabowa/元晴/Calm/NOMADEcrew

  • ONE 2010.12/26

    BAGDAD CREATIONS/MOUNTAIN MOCHA KILIMANJARO/Miss Monday/Ras Takashi

  • ONE 2010.12/5

    cro-magnon/Keyco/Jive Rec Order

  • ONE 2010.11/14

    TICA/Ovall

  • ONE 2010.10/03

    Emi Meyer/Shing02

  • ONE 2010 MORE after 頂.7/25

    Dachambo

  • ONE 2010 MORE after 頂.6/27

    Wild Marmalade/THE SUNPAULO/lolo

  • ITADAKI LOUNGE “a Candle Night” 2010.5/9

    三宅洋平 & Peace-K/PJ/ Ras Takashi/BAGDAD CAFE THE trench town (acoustic version)

  • ONE 2010.2/28

    cro-magnon/Mountain Mocha Kilimanjaro

  • ONE × PHOTO 2010.1/12_2/7

    PJ/Ko-dai [B:RIDGE style]

  • ONE 2009.11/23

    PJ/AILIE/千尋

  • ONE 2009.10/11

    copa salvo/Thee alecapone

  • ONE 2009.9/21

    Kenji Suzuki & Gota Yashiki & Takamune Negishi SUPER SESSION BAND/moLo

  • ONE 2009.8/23

    Keyco/AFNICA

  • ONE 2009.7/5

    THE SUNPAULO/poodles/a-fanksyndicate

  • ONE 2009.4/12

    Mai & Raita [ BAGDAD CAFÉ THE trench town ]/マーレーズ

  • ONE 2009.3/20

    三宅洋平[犬式a.k.a. Dogggy Style]/Keyco

  • ONE 2009.3/8

    PJ/千尋/KEISON/Pスケ

  • ONE 2009.2/22

    B:RIDGE STYLE/MoLo

  • LIVE PAINTING SESSION 頂 2009.2/11

    Kads MIIDA × Gravity Free/Goro/PAPA U-Gee

  • ONE 2009.1/18

    MOOMIN with YOTA&KENTA [ STONED ROCKERS ]/RUI&KANTO [ DUBSENSEMANIA ]

  • ONE 2009.1/12

    COOL WISE MEN/TUFF SESSION

  • ONE 2008.12/21

    渋さ知らズセブン/Macky&BaBalet’s

  • ONE 2008.12/14

    Rickie-G/NAOITO

  • ONE 2008.11/30

    元晴(SOIL&PIMP SESSIONS)× Cro-Magnon

  • ONE 2008.10/26

    Keison/千尋

  • ZERO 2008.4/28

    LITTLE TEMPO PISCES DUB SESSION/DJ QUIETSTORM/DJ KENSEI/ONE NIGHT / /SHUN-SHUN/ TICO/BUNPEI/Kai Kunimoto/CITY BOY/P.J./大石幸司/MELTDOWN

  • Mountain High 2008.3/15

    Earth Conscious/Poodles/Nao(YoLeYoLe)/TOKIWA

  • DUBSTRACT 2008.3/1

    CUTSIGH (AUDIO ACTIVE)/KATSU/CHA*2/CARNEY/MELTDOWN/KEIICHI/ANN

  • Reggae Traffic Vol.3 2007.12/14

    StonedRockers(BAND)/PAPAU-Gee/MOOMIN/MUNEHIRO/Aillie

  • Reggae Traffic Vol.2 2007.11/25

    BAGDAD CAFE THE trenchtown/RANKINTAXI/LikkleMai/RYOtheSKYWALKER/MISON-B

  • Reggae Traffic Vol.1 2007.10/28

    RUDEBWOY FACE/DINOSAUR/MISON – B

ITADAKI Back number

頂2013

頂2012

頂2011

頂2010

頂MUSIC ZERO

頂2009

頂2008