INTERVIEW

2013.09.25

Ovall

秋晴れの気持ちのよい午後、東京は池尻、某スタジオでリハーサルを終えたShingo Suzukiとmabanuaをピックアップし、Ovallの本拠地でもあるorigami PRODUCTIONS事務所へ移動、そこで関口シンゴも合流、併設されたbig turtle STUDIOSにOvallメンバーが揃った。

そう、今回は「The PEEP TOUR」と題しニューアルバムをリリース前にライブで披露しちゃうツアーのスタートを直前に控えたOvallに直撃インタビュー!

新作レコーディングの話、ツアーへの意気込み、いろいろと聴いちゃいました♪

ニューアルバム、もう録り終えたかんじですか?

mabanua(以下m):あとはミックスを残すのみですね。

今回のレコーディングは順調でしたか?

Shingo Suzuki(以下Su):紆余曲折ありましたが、結果的に良いものが録れました。

作りだす前にコンセプトは決まっていたんですか?

関口シンゴ(以下Se):いやー、そんなに明確には無かったですね。

m:明確なビジョンは無いですね、、、笑

Se:ビジョンは持たない主義、、、笑

それは今回に限らず、Ovallの曲作りにおいては全般的にそうなんですか?

Se:まぁ、個人的には言葉で「じゃあこれでいこう」ってコンセプトを決めてやっちゃえる感じじゃないかなぁと、デモを作ってみて、それが集まって、アルバムになる感じ。

Su:なんというか、今迄もアルバム、ミニアルバム作って来て、出来上がってみると筋が通っているというか、それぞれに見えてくるものがちょっとずつ違って、たぶんそれは「あらかじめこういうの作ろう」っていうビジョンとかないんだけど、 その作っている時期に一番感じている事とか気になっている事とか音楽やその他も含めて全部が反映されてくるんですよ。 だから前持ったビジョンというより、その時のリアルタイムの気持ちをそのままアウトプットしてカタチにしている感じですね。

なるほど、そうなると今回のアルバムはどんな気持ちが反映されていますか?
今、振り返ってみていかがでしょう?

Su:バンドがこのメンバーになって、ファーストアルバムを作ってから3年半ぐらい経つのか? だから、そろそろ新しい感じというか、生まれ変わりたいとか、そういう気持ちが皆あったと思うんですよね。同じ事をやっていてもしょうがないともがきながら、次の一歩を踏み出したいという気持ちが結果的に音楽にも表れてて、今迄になかったような曲とか、細かく言うとリズムだったり、コードの雰囲気だったり、楽器だったり、そういうプロセスにも影響していますね。

というと、作業的な部分でも今迄と違うアプローチがあったんでしょうか?

Su:レコーディングのプロセス自体はそこまでは変わらないんですけど、曲作りの段階でよりシンプルな曲にしたいというのもあって、今迄よりライブ寄りというか、バンドサウンドを意識してましたね。

Ovall自体がShingo Suzukiのバンドプロジェクトとして始まったモノですが、
そのスタンスは今も変わりないですか?

Su:リーダーとして最終的に決める事はありますけど、ソロの意識というよりはメンバーにもいろいろと相談しながらコミュニケーションとってバンドとして動いてるって気持ちが強いですね。バンドは生き物なんでね。

ケンカとか、ぶつかり合いとか、あったりします??

一同:、、、うーん、、、どうだろう、、、笑

m:ぶつかり合いというか、、、お説教に近いものはありますね。笑

Se:諭すというか、、、笑

Su:まぁ、皆いろいろあるじゃないですか!笑

家族のような感じもあったりするんで、やっぱりその自分たちだけにしか解らない気持ちだったりとか、まぁ皆それぞれが一番近い人たちに持っている気持ちと同じだと思います。

m:意味深だなぁ。笑
まぁ、結成当初からそんなに言い合いになるような事はなかったですね。

Se:他のバンドがどうかあまりわからないけど、まぁ聞いた話だと40代ぐらいのベテランバンドでも打ち上げで殴り合いになったりとか、歯が折れたりとか、たまに聞きますね。そういう人たちと比べるとそんな争いはないですね。笑

ハハハ笑 まぁこの話はこれ位にして、、、
ニューアルバム、タイトルは!?

一同:まだ決まってないですね、、、笑

ちなみに、タイトルとか、いつもどういう風に決めてるんですか?

Su:まぁ僕が決める事が多いんですけど、さっきのコンセプトの話と同じで、最後に出来上がってから全体を見回して、あぁこういう事を思ってたんだなとか、こういう事を表現したかったんだなとか、改めて聴き直してみて、その中から良かれとも言葉を、曲中から選んだり、それにハマるものを探したりしますね。 だから今回は新しい次なるスタートという気持ちがあるので、そういう意味の言葉になるんじゃないかと思います。

なるほど、これは本当に楽しみですね。

例えば、mabanuaはソロでも活動していますが、Ovallとの感覚の違いは?

m:やっぱりバンドとソロプロジェクトっていう違いが一番大きいですね。
mabanuaの時は曲を作るにしても全部自分で完結させないといけないですけど、バンドだったらとりあえずデモを作って、他のメンバーに演奏をしてもらって、そうするとまた別の要素が加わったり、自分には出来ない演奏が出来たり、ある意味楽でもあり、楽しみでもありますね。

関口さんもソロプロジェクトでVusikをやっていますが、どうですか?

Se:自分のプロジェクト以外はギタリストとしての意識が強いですね。とにかくギターで良いプレイをしたいなってのが先ずあった上で、全体的なところで意見も言いますけど、基本はギタリストとしての役割をやりたいなっていうのがあります。

mabanuaくんもそういう意識はありますか?

m:曲を作るっていうよりはドラマーって意識のほうが強いですね。シンゴくんが打ち込みで作って来たデモに対して、どうやって生ドラムで再現したらいいかな?とか、やっぱりドラマー的な考えですね。

Ovallの曲はシンゴさんが全部作ってるんですか?

Su:まぁそれが多いですけど、今回の場合は自分で持ってくるのもありつつ、関口くんやヤマちゃん(mabanua)にも作って来てもらったりしたんで、皆が作曲者でり、プロデューサーでもある、新しいところが見れるんじゃないかなと思ってます。

デビュー以来、ライブにリリースも重ね、リスナーにとっても一通り”Ovallの音”っていうのが認知されたと思いますが、今回のアルバム制作において、そのイメージに対しては考える事などありますか?
例えば、良い意味で裏切りたいとか?

Su:そういう気持ちもあって作ってたアルバムかな。
それぞれリスナーのイメージする音もあると思うし、そういうものを求められてたり、ライブ会場で聞いたりもするけど、それもくみつつ、良い意味で裏切りたいし、でも何やってもやっぱりOvallだね、と言われたい。両方の気持ちがありますね。

ライブとスタジオ作業とどちらが好きですか?

Se:ライブかな。

m:両方かな。どっちがとは言えない、、、

Su:それぞれ良さが違って、、、ある意味対局のモノですね。
ライブは皆で共有するモノだし、曲作りは一人でやるもの、またレコーディングと曲作りも別だったりするし。
でも、あのライブの勢いにのった時の感動っていうのを味わう為にやってるんだなって考えると、ライブが好きかなと思いますね。

m:最近は、、、もう音源は売れないからライブで稼げ!みたいな話もよく聞くじゃないですか?でもあれはオレはちょっと、、、何と言うか、悲しいというか、、、
やっぱり録音芸術って昔からある訳で、やっぱりライブもちゃんとやって、録音もきちんとやって、それを世に届けて行くってのがミュージシャンの使命というか、どっちも出来てないといけないと思う。
個人的には、お金の事を考えると時代によっていろいろあると思うけど、どっちも魅力的と思いたいし、お客さんにとってもそうであってほしいなと思いますね。音源も聴いてほしいしライブも観てほしい。

確かに、両方があってこそオーディエンスが生まれているようにも思います。

さて、今回のツアーはリリース前にライブでアルバムを再現するという企画的なものですが、これはレーベル(origami PRODUCTIONS)側のアイデアですか?それともバンドの?

Su:これはレーベルからのアイデアですね。


話を聞いたときはどうでしたか?

Su:普通はCDリリースしてしばらくしてからツアーに回るってのが多いと思いますけど、先にツアーが各地会場まで調整されて決まっているっていうのはモチベーションもスゴい上がるし、、、

m:焦る!笑

Su:そう、それなりのプレッシャーも感じつつ良い緊張感を持ってレコーディング出来ました。

m:ライブで再現できないものは曲として収録できないって事になるじゃないですか。これはちょっとバンドで出来ないからライブではやらないって曲は作れなかったから、、、そういう意味でいうと、最初にツアーの案を聞いた時はハードル高ぇ!って思ったけど、逆に面白いなと思いましたね。

Se:ライブで再現するってことはもちろんメンバーの人数もそうだし、楽器もそうだし、演奏にしても音を重ねすぎないようにしたり。

では音源もより等身大に近いサウンドになったんでしょうか?

Su:バンドサウンドってことだと思います。

m:トラックメーカー的な要素は減ったよね。

ライブではアルバムの曲順通りにやるんですか?

Se:そう書いてありましたね。笑

Su:ライブの曲順って最後に盛り上がりたいからこの曲入れようとか考えるけど、今回はやっぱりアルバムとしての曲順を重視するのかな? まぁアルバムの曲順も未だ完璧に決まってはないですけど。笑
8割位は決まっていて、後は最後の最後までベストな曲順を考えたいですね。

では、アルバムもライブを意識した曲順になるんでしょうか?

Su:そこもどっちにとっても良いバランスで組めればと思っています。

アンコールがおきた場合は、、、?

m:それは来てからのお楽しみです。笑

 

少し話がそれますが、 自分たちを客観的に見て、どういうバンドだと思いますか?

一同:う〜ん、、、、難しいですね、、、笑

m:メジャーでもないし、アングラって言われるほどマニアックな事してる訳でもないし、、、、
mabanuaでもそうなんですけど、いろんなイベントに呼ばれますよね。ヒップホップのイベントにも出るし、ロックのイベントにも出るし、だから客層も毎回違うんですよ。ニューエラかぶってる人もいれば、大学生っぽい人がカメラもって構えてたりとか、、、

Su: ツイッターでも2次元の人が多い。アニメのアイコンの人とか。

m:あ、そうそう!

Se:確かに多いね。なんでだろ?? まぁ幅広いですね。

Su: 不思議なバンドですね。

m:そういう意味では毎回試練ですよ。笑

Se:ホームはどこなんだろうっていう、、、業界の家なき子、、、笑

客層の違いは地方によっても感じますか?

Se:東北と関西ではやっぱり違いを感じますよね。

m:東北はヒップホップ色が強いですよね。セッキー的に微妙な地域って?

Se:なんであえて微妙なほうを言うの。笑

m:アハハ、じゃ調子いいほうで。

Se:どうだろう、、、あ、静岡はホント毎回盛り上がってる、なんか歓迎されてる感じがしますね。

m:うん、静岡凄い。この前、mabanuaで行ったんだけど、エアコンマックスなんだけど、効いてないぐらい熱くなちゃって、盛り上がったね。

Su:今回のツアーは静岡が皮切りなんですよね。ある種ホーム的な場所から初めての事が出来るのは嬉しいですね。

静岡は世界一早く新曲が聴ける場所になりますね。
今回はお客さんがそれを撮影してネットにアップしてもOKってことですが?

Su:そうなんですよ。むしろやって下さいって感じです。
You TubeやFacebookにどんどんアップして欲しいですね。
ヤル側とすると、こういう事って演奏しっかり出来ないと言えないから、もう後に引けない感じなんですけど(笑)、共有したいんですよね。一方通行って感じじゃなくて。
新しい曲やるんで、とにかく皆に知ってもらいたいし。

お客さん自体がメディアになるというのは根本的に正解だなと思います。
やはり好きな人が広げて行くのは良いですね。

では、その要となっている「音楽」そのものはそれぞれにとってどういうモノですか?

Su:僕にとっては、、、楽しさとか悲しさとか怒りとか、そういう感情をアウトプットするモノだと思っていて、それがうまく表現出来たらいいなと思いますね。

m:オレも最近ちょっと考えたんですけど、、、趣味で音楽をやってる人や聴いてる人よりも、苦しみの部分が大きいというか、創り出さなきゃいけないものがあるわけで、例えばリリースにしてもライブにしても、逆に楽しみでもあるけど、生みの苦しみがどうしてもある。それがあってこそのオリジナリティーだと思うし、楽しくもあり苦しくもある。でもこれを取ったら自分には何も残らない。

明日らかどうやって行きてこう?って感じですよ。だから、もう自分の全てというか、使命ですね。
誰かに、楽しかろうが苦しかろうが君にはそれしか無いんだよ、って言われてるような。

Se:嫁に枕元で言われてるんじゃない?(笑)

一同爆笑

m:そうかも知れない、、、お金稼いでこいよって、、、笑

音楽とは嫁である?

m:アハハ、それもあるかもしれない、、、嫁というか家族というか、セッキーも子供生まれますし。

Se:まぁそうですけど、ライブにしろCDにしろ、やっぱり聴いてくれる人がいて、何かしらの反応が、ライブだったら見れるし、CDも聴いて良かったよって言ってくれたり、それがあるから苦しくてもよりがんばって次に行ける。
その反応無しにはやれないかなって気がしてます。

では、その中でそれぞれが感じるカッコよさって何ですか?

Su:どんどん哲学的な話になってきましたね。笑

せっかくなので、是非聴かせて下さい。

m:普遍的なモノ。自分が死んでも良い音楽として残り続けるモノがカッコいいと思う。ただお洒落とか、流行とか、まぁ少しは加味しなきゃいけないかもしれないですけど、それだけじゃなくて、やっぱり100年、200年先も自分たちの音楽が残っていて欲しいので、そういうモノをカッコいい音楽と言いたですね。

Su:もうそこまで言われると、言う事無いですね。笑

Se:そこを越えてこそのリーダー。

m:そうだ、リーダー!

Su:ハイ。。。例えば女の子からしてこの人かっこ好い!とか、男からしてこの人可愛いなぁ美人だなぁっていうのって直感で、理由にならないけど鳥肌が立つような、うわぁ!いい!!っていう、そういう衝動を与えられる音楽って凄いカッコいいと思うし、たぶんそういう音楽って嘘ついてないと思うんですよ。さらけ出してて、正直で、出ちゃってる何か、マジックが詰まっている、そういう音楽がカッコいいと思うし、そういうモノを創っていきたいですね。

今回のアルバム、そしてツアーも本当に楽しみですね。
それでは最後に静岡のファンへメッセージを。

Su:静岡は本当に親しみを感じる場所で、いつも盛り上がってくれるし、ホーミーな感じで、ツアーの頭なので、良い緊張感をそこで爆発出来ると思います。静岡でそれが出来る事、僕らも本当に楽しみにしています。皆さんも是非一緒に感動を共有しましょう!

只今、仕上げの真っ最中のニューアルバム、そして今週末に迫った「The PEEP TOUR」のスタート、本当に楽しみですね♪

Ovallの新しいステージの最初の目撃者となる静岡のオーディエンス、いち早く世界へ発信して行こう!

 

Ovall Recommend

メンバーそれぞれに最近気になるアーティストを紹介してもらいました!

Shingo Suzuki

Omar

7年ぶりにニューアルバムを出したんですけど、ある意味原点回帰的な感じで地元のミュージシャンと作ってたり、でも新しさもあり、例えば双子が生まれたとか、彼のリアルライフが詩にも反映されてたりして、胸に刺さるモノがありますね。さっき言ってたように本当にカッコいい音楽で、オススメです。

mabanua

fleet foxes

アメリカのバンドで、カントリーをベースにしていてメンバー全員が歌うんですよ。グラストンベリーとかにも出てるから結構人気だと思います。日本では未だだけど。
生楽器だけでやってる感じとか、コーラスが重なる感じとか、良いですね。

関口シンゴ

Charlie Hunter

申し訳ないぐらいギタリストの作品しか聴いてなくて。8弦ギターの奏者です。

オマケ

インタビュー中のちょいとこぼれたお話をどうぞ。

Ovallとmabanuaソロ、どっちが楽しい?

一同 笑

Se:それはもう決まりきってるよねー(笑)

m:え、どっちに決まりきってるの??(笑)

Se:いやいや、聞くまでもないでしょ。

m:いやでもmabanuaはやっぱり自分がリーダーだから、ライブに呼ばれる時も入り時間にしてもセットリストにしても全部自分でやらなきゃいけない。Ovallは、まぁシンゴさんが決めるんだけど、これで良いかなぁ?とかメンバーでディスカッション出来るし、例えばインタビューにしても3人いるけど、ソロの時は一人だし、だから心細さはmabanuaのほうがあるんですよ。Ovallのほうが暖かい感じがする。物販やる時も一人じゃないし。笑

Su:マバ茶、どうなの?(マバ茶:mabanuaの物販グッズ、フレーバーティーの茶葉)

m:売れました!一度完売して、再注文させてもらいました。

Su:いいですねー、素晴らしい。

Ovallの物販グッズは?

Su:今回は一つ新しいのがあるので、それは会場に来てからのお楽しみという事で。

オバ茶?

Se:渋そうだな〜、そのお茶、、、笑

Su:お客さんからアイデア欲しいね。こんなの欲しいみたいな感じで。

Se:それいいね!

Su:そんな感じでお客さんともコミュニケーション取って行きたいですね。

 

そんなOvallからプレゼント!

GROOVE LINKSのFacebookページと連動企画、ファンページの「いいね」と記事のシェアで応募出来ます♪

詳しくはFacebookページの投稿をご覧下さい。

※もちろん、既に「いいね」をしてくれている人も応募出来ます。

Ovallの缶バッジ&メンバーサイン入りorigami PRODUCTIONカード!

2014.02.13 UP

Kan Sano

アルバムの事はあえて控えて、Kan Sanoという音楽家の人間性を少し探ってみました。

2013.10.22 UP

Nabowa

満員御礼のライブの翌日、ランチを済ませた一行が向かったのはSUNFLOWER COFFEE。メンバーそれぞれのオーダーが揃ったところでナボワインタビュー、スタート!

2013.09.25 UP

Ovall

「The PEEP TOUR」と題しニューアルバムをリリース前にライブで披露しちゃうツアーのスタートを直前に控えたOvallに直撃インタビュー!

2011.02.10 UP

BAGDAD CREATIONS / Mai

2010年をもって活動休止を決断したBAGDAD CREATIONSのボーカルMaiちゃんへ直撃インタビュー。その決断に秘められた想い、静岡のファンへのメッセージ!!

2010.04.16 UP

cro-magnon

2/28 BLUE NOTE ONEの動員記録を更新したcro-magnon、 日本

2010.01.25 UP

菅原光博

マイルス・デイビス、B.Bキング、マディ・ウォーターズ、ジェームス・ブラウン、マーヴ

2008.12.05 UP

Kads MIIDA

吉祥寺の繁華街からちょっと外れたファンキーでブギーなストリート。ここは犬式も良くやる

2008.08.01 UP

KASAI a.k.a cut-sigh

3月1日、二歩先は真っ白のスモークで、赤や緑の光が空間を染めてあっている。 静岡の

2008.07.15 UP

BUNSHAKA / 加藤文太郎

3月のある日、我々インタビュー隊は新たなページを開くため、湘南に向かった。 今

2008.01.21 UP

RAITA Vol.2

【第二部】そして未来へ 編 去年、タカシ君がLloyd Barnesの居る

2008.01.05 UP

RAITA Vol.1

【第一部】This is BAGDAD CAFÉ THE trench town

2007.12.25 UP

Tico(Little Tempo)

浜石まつりでは山ごとギンギンバッシュにしてくれたLittle Tempo。 今回はス

2007.10.10 UP

AO INOUE

最近ではDJの他にmaccafatなる新プロジェクトで活動するAO INOUE。 気に